2017年4月17日          投稿者 setonouminchu
UF23Ⅳ ヤマハ船外機2ストからF115Bの載せ換え作業


エンジン乗せ換えようと上架し、作業を開始!





なんと!!


チルトアップするとテントのパイプが当たるでは無いか!?

お○所の得意言葉で表現するなら想定外!

これは、同型艇の同じエンジンに載せ換えした画像




最近付けるオーニングは4スト想定タイプだが、このオーニングは私が作った第一号のオーニングで、なんと!!昭和の製作で30年以上もってます

テントの生地は二回ぐらい張り替えた記憶が有りますが・・・


エンジンを降ろし・・・





何で!?補機まで降ろす?


補機のFT9.9チルトレバーが重くなり、チルトの上げ下ろし時に上手くロックが掛からない!





思いっきり切断(笑)








ブラケットのパイプ部分がチルトレバーによって擦れて錆び、動きが硬くなっていました


このまま放置していると何れ錆が酷くなって膨張して来てレバーが破損します


原因は、亜鉛ドブ漬けが完全で無いのと、流し釣りを補機を使ってバック(後進)でするので波を被るので錆びやすいのです


YF-23やFAST26の様なスパンカーで流し釣りをする補機は前進でするので、この様な事になった事例は無いですね!



久々の鉄工所仕事

外注ですると時間が掛かるので・・・






ながくやっていないと溶接がイマイチだね~!?汗


後、メーターがコマンドリンク2連なのでメーター穴の加工





油圧が少し重いとの事だったが、原因はリンクの固着!


ボルトのブッシュが塩付き






完成です!










試運転も3人乗って・・・体重から計算すると平均体重の約4人分(笑)


29ノットと良く走りました


エンジンの載せ換えだけならボート屋の仕事としては、一番簡単な作業になるが、オーニングや他の艤装品のトータルバランスを取るのは結構難しい作業ですね~ (゚ー゚;)






2017年4月12日          投稿者 setonouminchu
SRV-20WB中古艇の整備


船体の清掃にエンジンの整備、配線の修正など・・・


SRV整備


ハンドルのワイヤーが固着しハンドルが重いのでステアリングワイヤーを交換


SRV20整備


エンジンは特に問題なく、消耗品の交換作業終了!

チョット難儀だったのが、チルトのオイル漏れ!

メインのピストン交換とサブシリンダーのシールキャップを交換

モーター部分の防食処理して完成です!


SRV20整備


SRV20整備



srv20整備


2
ストで古いエンジンですが絶好調でよく走ります!

試運転動画です






       
海
文章の中に有る太字(赤字)になっている所をクリックすると詳細な説明や動画を見る事が出来ます。 
公共のサイト、テレビのCM動画、安全な動画のみをリンクしていますので、
悪質なサイトの勧誘やウイルスに感染する様な事は一切有りませんので安心してお楽しみ下さい。
 

 

 
皆既日食ブログ旅のブログは、
別ページにアップする予定です。
カレンダーの日付をクリックして頂くか、
皆既日食ブログ旅を
クリックして下さい。



 

2017年 4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
           
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
           
<<2014年4月      

 



 

カテゴリ

MARINE-HARIMAⅣ進水

好評!修理編






釣り動画













 
☆オススメ ブログ紹介☆

ボコボコ釣らせる釣り船 ミタチ丸